理学療法士(PT)・作業療法士(OT)の国試対策では、『クエスチョン・バンク(QB)』という言葉をよく耳にするのではないでしょうか。

この『QB』とはなにか、ご紹介したいと思います。

 

PT・OT国試合格者の89%が使っている問題集『クエスチョン・バンク』

まずはこちらのグラフをご覧ください。

最新第59回国試を受けた先輩たちにアンケート(※)を実施したところ、

国試合格者の89%
『クエスチョン・バンク』を国試対策で実際に利用した
ことがわかりました。

※2024年2月、第59回PT/OT国試の受験者を対象に「合格予報」サービスを実施。

アンケート回答者のうち、国試に合格した729人中、645人が「国試対策で『クエスチョン・バンク』シリーズを実際に利用した」と回答していた。

 

QBだけで、最新国試が9割解けた!

▲最新国試(第59回)のうち、QBの内容で完答できた問題の一例。

 

QBの解説をしっかり理解すれば、最新国試でも約9割の問題が解けることがわかりました。
(合格ラインは約6割なので、余裕を持って合格できる! ※詳しい分析はこの記事をご確認ください

 

『クエスチョン・バンク』がここまで支持され、実際に国試合格につながる理由とは?
ここからは実際の紙面をお見せしながら、その理由をご紹介していきます。

 

『クエスチョン・バンク』を使いこなそう!

QBの「圧倒的に詳しい解説」を大紹介!

『クエスチョン・バンク(QB)』は約23年分の国試の過去問が分野・テーマごとに順番に掲載されている過去問集です。

問題のすぐ下に、丁寧な解説と答えおさえておきたい周辺知識のまとめがあるので、問題演習だけでなく、関連した内容の勉強までできるのが特徴です。

 

すべての選択肢に解説つき!

▲QBは、過去23年分の過去問を厳選して、分野別に掲載しています。一周目では、まず順々に解き進めていきましょう。

 

QBの解説は、誤選択肢も含め、すべての選択肢に解説をつけています。

選択肢の◯×の根拠を丁寧に解説しているので、解説までしっかり読むことで多くの知識が身に付き、国試本番での新しい問題にも対応することができます。

 

豊富なイラストで、わかりやすい解説

▲選択肢解説で理解が不十分な問題は、さらに詳しい「基本事項」を読んでみましょう。

 

QBの解説はイラストが豊富。その数なんと、800点以上 !!

解剖生理神経の走行疾患の病態生理など、理解が難しい内容にはほぼ必ずイラストが付いていま。基本事項をおさえて、問題を正しく理解できるようになりましょう。

 

▲X線CTなど、多くの受験生が苦手とする読影の問題にも対応!

引出線を使った画像診断や、画像をイラスト化してポイントを解説した「シェーマ」を掲載しています。

 

各章ごとに、国試出題ランキングを掲載!

各章の冒頭に、国家試験分析の結果得られた「国試出題ランキング」を掲載。
章ごとに、どのテーマがよく問われるのか、ひと目でわかります。

 

ちょっとしたコーヒーブレイクも

▲問題によっては、設問やそのまとめに関連したコーヒーブレイク的な読み物(ゴニオメモ)を掲載しています。勉強の合間に読んでみましょう。

 

QB「共通」「専門」はどう使い分ける?

▲QBは「共通問題」編と「専門問題」編の2冊から成り立っています。

 

まずは共通問題で基礎固めをして、次に専門問題にステップアップする、という段階を踏むと取り組みやすいです。

もちろん専門問題でつまづく内容があれば、また共通問題に戻り復習しましょう。この繰り返しで知識が盤石なものになり、応用力もつきます。

 

まずは「クエスチョン・バンク2025」共通問題編を足掛かりに、夏は共通問題対策を進めていきましょう!

 

クエスチョン・バンク 理学療法士・作業療法士 国家試験問題解説 2025
共通問題編の詳しい内容はこちら!

▲2024年7月31日、最新版発売予定!